川崎、横浜で外壁塗装や雨漏り防水ならISHIRO(イシロ)

川崎、横浜で外壁塗装や雨漏り防水ならISHIRO(イシロ)

防水工事前の雨漏り調査について

581 views

雨漏りの原因について

雨漏りは屋根だけでなくサッシや外壁、給配水管の隙間から水が浸入して起きることもあります。
屋根の問題であれば、スレート瓦にひびが入っていたり、瓦がずれていたり、漆喰が崩れていると雨漏りがします。
ただ、屋根に問題があったとしても、雨漏りをしている真上の部分に問題があるとは限らず、どこから水が伝ってきたのかを特定するのは難しいのです。

また、ベランダは人の頻繁に出入りする場所なので、塗膜防水の劣化が外壁や屋根よりも早くなりがちで、それに加えて排水口が詰まっていると、ひびから雨水が入ってきて雨漏りになることがあります。
また外壁のひび割れやシーリング、外壁防水シートの劣化から雨水が浸み込んで雨漏りがすることがあります。

一般住宅の雨漏り調査の方法

まず、目視調査です。
これは雨漏りの状況を詳細に聞いた後で、屋根に上って調査したり、屋根裏に入ってシミやカビの状態を見て、水が浸入している箇所を判断します。
散水調査は、雨水が浸入していると考えられる箇所にホースで10~30分程度散水して、雨漏りの箇所を特定する方法です。
水道代は依頼した側が負担し、足場を設置する必要がある場合は費用がかさみます。
また、台風の時に雨漏りがするというケースには向きません。
台風の状況を再現できないからです。

赤外線カメラを使用した調査があります。
住宅に雨水が浸入していると温度差が生じるので、雨漏りの箇所を特定できます。
この調査は外壁やサッシに問題がある場合に向いています。

どの方法でも雨漏り箇所を特定できる確率は100%ではありませんが、それでも経験豊富な職人なら目視調査で雨水の侵入箇所を特定できることが多いです。
費用も比較的安いのでおススメの方法です。

雨漏り調査を依頼するタイミング

最もいいのは定期的に雨漏り調査を依頼することですが、自分でも瓦にひびが入っている、ずれている、コーキングがはがれている、外壁の退色があると思った場合は調査してもらうといいでしょう。
また、サッシや窓枠に水が溜まっていたり、壁や天井のクロスが浮いているなどの時には、川崎、横浜
の防水塗装業者ISHIROに、防水工事に関して依頼することをおススメします。

川崎、横浜を拠点とした塗装防水施工店です!

代表 居城 昇無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替え、雨漏り防水工事なら、ISHIROまでお問い合わせ下さい!

044-863-6611
メールフォームはこちら